CONTENTS MENU

お知らせ

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. フラウンホーファー研究所・ドイツ企業との共同プロジェクト健康・エコの提案を盛り込んだ『ドイツ住宅』モデルハウスを発表

ニュースリリース

掲載日:2006年02月18日

フラウンホーファー研究所・ドイツ企業との共同プロジェクト
健康・エコの提案を盛り込んだ『ドイツ住宅』モデルハウスを発表

 東急ホームでは、2005年6月にドイツの「フラウンホーファー研究機構」と業務提携契約を締結し、当該研究機構の研究所の一つである「フラウンホーファー建築物理研究所」と共に『ドイツ住宅プロジェクト』の具体化を進めてきました。本プロジェクトにおいては、日本とドイツ・欧州の産業交流をサポートしているECOS(エコス)ともコラボレートし、「ドイツ環境共生住宅産業ネットワーク(GEHI)」参加企業からのエコ建材も導入しています。
 この度、千葉県「季美の森」団地内において『ドイツ住宅プロジェクト』のモデルハウスが竣工しました。なお、本プロジェクトは、ドイツ大使館・在日ドイツ商工会議所が主催する“日本におけるドイツ年”の行事の一つとして位置付けられています。

■『ドイツ住宅プロジェクト』の概要
●コンセプト
ドイツ住宅にみられる健康・エコロジーの先進的な取り組みを提案

●モデルハウス提案内容
【高性能・省エネルギー】~呼吸する複合断熱システム
*超高断熱性能
・外壁複合断熱システム(従来の充填断熱+外断熱)と高性能アルミ被覆木製サッシ
・断熱性に優れた当社独自の2×6パネル工法
*調湿性能
 湿気を通す構造(調湿性能のある木質繊維の充填断熱材+透湿シート等)
【健康/自然との調和】
*自然素材の内装建材による健康で安全な室内環境
 サーモ・ウッド(熱処理した無垢材)のフローリング、自然塗料など
*大型ドレーキップ窓〈内倒し+内開き両方の機能を持つ窓〉による光と風の活用
【堅牢・機能的なデザイン】
*シンプル&モダンな製品デザイン
 堅牢な内部ドア、機能的な水栓金物など

 今後は、当モデルハウスを活用して、日本の気象条件下での性能面のデータ計測や、宿泊体験を通じて商品性を検証するなど、総合的な評価を行ないます。さらに、これらの検証を通じて得られた成果について、グローバルな観点からの“環境・健康住宅”の商品開発に反映してまいります。

<参考>
『ドイツ住宅プロジェクト』モデルハウス概要
敷地面積:327.73m2
建物面積:166.21m2(1階:90.97m2/2階:75.24m2
構   造:木造2階建 2×6パネル工法

ページの先頭へ

お知らせ
お問い合わせ・よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
お近くの東急ホームズ

商品や部資材などを実際に見て触れて、ご体感いただけます。

  • 住宅展示場
  • ショールーム
  • 販売エリア
  • 注文住宅<ミルクリーク>
  • 住まいまるごと再生・リフォーム<住まいまるごと再生>
  • マンションリフォーム
  • 法人のお客様 コンサルティング事業本部
  • 東急ホームズのインテリア