CONTENTS MENU

お知らせ

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 東急ホームズ×スペース・オブ・ファイブによる新しい価値観の住まい"五感を育む「知育する家」"の首都圏初となる戸建分譲住宅を新発売

ニュースリリース

掲載日:2009年01月22日

東急ホームズ×スペース・オブ・ファイブによる新しい価値観の住まい
"五感を育む「知育する家」"の首都圏初となる戸建分譲住宅を新発売

東急ホームズでは、スペース・オブ・ファイブ株式会社(本社/神奈川県横浜市、代表取締役/四十万 靖)と共同で、横浜市青葉台において戸建住宅分譲プロジェクト「ウェルタウン青葉台~五感を育む街」の販売を1月25日よりスタートします。

 本プロジェクトの最大の特徴は、田園都市線沿線の賃貸マンション・アパート、戸建賃貸の子育てファミリー層をメインターゲットに、子育て支援に乗り出すことです。土地の販売を所有権と地上権の選択制とすることで、マイホーム購入費用と子育て期間中の教育費との両立をしやすくする「賢母のマイホーム購入システム」が利用可能で、地上権で3,780万円~の販売価額となり、所有権に比べて初期費用を約2,000万円抑えることが可能です。なお、子育てが終了した段階で底地を買い取り、所有権にすることも可能です。

 今回は、“子どもの五感の発育を促す工夫がある”プランを採用しました。日経BP社から2006年8月に発売されロングセラーを続ける「頭のよい子が育つ家」本の著者である四十万靖先生が提唱する「五感を育む空間」をコンセプトに、親と子どもが自然に触れ合うことができる動線計画や、家具のレイアウトに工夫がなされているのが特徴です。これらにより、家庭における良質な学習環境を体験していただけます。

 また、住宅のハードだけでなく、住まい方というソフトにも着目し、四十万靖先生が提唱する“頭のよい子が育つ家”の住まい方について、青葉台と長津田にある東急ホームズのモデルハウスで、学習塾としてエンドユーザーを対象に展開します。受験テクニックの詰め込みや学校の補習塾とは異なり、親子のコミュニケーションを通じて考える力を、近代日本の賢人達のエピソードをベースに、親子で学習していただけます。

 さらに今回、少子高齢化の影響にも配慮する観点から、“ヘルス・プロモーション・デザイン・ハウス”のモデルハウスを1棟分譲します。医学博士で老年内科医の海老原 良典先生(松翁会診療所)の専門分野である高齢者のコミュニケーションの研究成果を採用し、モデルハウスに来場された見学者に対して、日常生活における留意点と実践方法を解説します。

【物件概要】
所在地:神奈川県横浜市青葉区鴨志田町559番5他
交通:東急田園都市線「青葉台」駅下車、東急バス鴨志田団地行きバス10分「団地中央」バス停下車徒歩3分
総戸数:14戸(今回販売戸数:5戸)
構造および階数:木造スレート葺2階建(2×4工法)
土地面積:125.43㎡~146.73㎡
建物面積:95.58㎡~108.16㎡
お問い合わせ先:ウェルタウン青葉台 鴨志田の丘 販売オフィス
フリーダイヤル0120-109-705

200901aobadai.jpg
 

ページの先頭へ

お知らせ
お問い合わせ・よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
お近くの東急ホームズ

商品や部資材などを実際に見て触れて、ご体感いただけます。

  • 住宅展示場
  • ショールーム
  • 販売エリア
  • 注文住宅<ミルクリーク>
  • 住まいまるごと再生・リフォーム<住まいまるごと再生>
  • マンションリフォーム
  • 法人のお客様 コンサルティング事業本部
  • 東急ホームズのインテリア